ホワイトデーで「ヤバい、惚れたかも…」と瞬殺された女の子のセリフあるある

1393213923576 200x200

ホワイトデーのプレゼントを渡した時の女性の切り返しに、テンションが上がることもあるものです。そこで今回は、『スゴレン』の男性読者のみなさんの意見をもとに、「ただの女友達を『女だ…』と意識したホワイトデーでの一言」を紹介します。

◆「実は、あれ本命チョコだったんだ」と伝える。
・「バレンタインじゃなくても、『本命です』と言われたら嬉しい。」(10代男性)
・「思い出すとニヤニヤしちゃう」(20代男性)
・「この1カ月どんな気持ちだったんだろうと思うと、いじらしくなる」(30代男性)

◆「他の女の子と差をつけてくれたんでしょうねー(笑)」と冗談っぽく好意をアピールする。
・「ちょっとからかわれているみたいだけど、女の子に親しみを抱く。」(20代男性)

◆「ホワイトデーが終わっても、会ってくれるかな?」とそれとなくデートに誘う。
・「きっかけがないとデートに誘いにくいので助かる。」(10代男性)

◆「このお返しは、私の気持ちが伝わったってことかな?」といたずらっぽく言う。
・「友達っぽいノリだとYESNOが言いやすい」(20代男性)


好意を匂わすような小悪魔っぽい一言には、女友達であろうともドキッとするものです。意外な一面に恋心を誘われたなら、「もっと君のことを知りたいな」などあなたが主導となって誘ってみてはいかがでしょうか。