彼女に嫉妬して「俺って、嫉妬深いなぁー…」と反省する瞬間9パターン

彼女を想う気持ちが強いほど、その裏返しの「嫉妬心」が強く生まれることは、男性にとっても恋愛の難しさです。感情をコントロールできないほど深い嫉妬を覚える瞬間には、どんなケースがあるのでしょうか。スゴレン男性読者への調査結果をもとに、「『俺って、嫉妬深いなぁー…』と反省する瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】彼女の携帯が鳴るのが気になって仕方ないとき

    「かけてきた相手が誰なのか知りたくて不安になる」(10代男性)など、自分の知らない誰かが彼女に連絡をとることすら、嫉妬の対象になるケースです。どうしても気になるなら、「誰からだった?」と彼女に気軽に聞いてみれば、普通に答えてもらえるでしょう。
  • 【2】女友達と楽しそうにしている彼女を見て寂しくなったとき

    「俺と二人でいるときより、彼女の顔がニコニコ楽しそうでつらい」(20代男性)など、楽しそうな彼女の様子に寂しさを感じるケースです。男性にとって友情と恋愛が別物なように、女性にとっても女友達は特別なもの。深く考えすぎず、優しく見守るとよいでしょう。