中身がないのになぜか聞き入ってしまう男性のトーク9パターン

イケメンでもないのに女性からチヤホヤされる男性は、得てして「コメント能力」が優れていたりします。彼らの必殺技は、「当たり前の常識」や「意味深なセリフ」を雰囲気だけで成立させること。口下手な男性こそ、真似するべきかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性184名に聞いたアンケートを参考に、「中身がないのになぜか聞き入ってしまう男性のトーク9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】まるで催眠術のように相手の目をジッと見ながら話す

    「深いことを言われている気分になる」(20代女性)など、当たり障りのない言葉を相手に染み込ませるために「目力」を武器にするパターンです。ずっと見つめていると圧迫感を与えてしまうので、決め台詞を放つとき以外は少し視線を外してあげましょう。