牛丼店で彼女に「男らしさ」を見せつける振る舞い9パターン

「ガツガツと飯を食う男」。その姿がワイルドであれば、女性は本能的に頼もしさを感じてしまうもの。つまり、手っ取り早く好感度アップを狙うなら、腹ぺこ男子がもっとも生き生きとする「牛丼店」で一緒に食事をするのもひとつの手段です。そこで今回は、10代から30代の独身女性203名に聞いたアンケートを参考に「牛丼店で彼女に『男らしさ』を見せつける振る舞い9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「めっちゃ腹減ったー!」と、事前に「がっつき宣言」をしておく

    「試合前の雄叫びみたいで面白い」(20代女性)など、食事に対して前のめりになってしまう男の習性を表現できるのが「空腹宣言」です。「もうガマンできない!」「牛丼食いてー!」と叫ぶなど、体育会系オーラ全開のセリフなら一段と男らしさを演出できるでしょう。