全然うれしくない!彼女をムッとさせる手料理への褒め言葉9パターン

恋人が作った愛情たっぷりの食事には、誰でも感激してしまうもの。でも、「『おいしい』だけではありきたりかも?」と気を回して掛けた言葉が裏目に出て、「それ、褒めてるつもり!?」などと怒りを買うこともあるようです。そこで今回は、10代から30代の独身女性184名に聞いたアンケートを参考に「『全然うれしくないんだけど!』と実は彼女をムッとさせている手料理への褒め言葉」をご紹介します。

  • 【1】うっかり余計な言葉を足して「普通においしい」

    「『意外にも』ってこと!?」(20代女性)など、特別な意図はないのに、ほんの数文字、要らぬ表現を加えただけで、誤解を招くことがあるようです。普段からノリや口癖で不要な一言を放ちがちなら、頭の中で確認してから口に出すとよさそうです。
  • 【2】「別格」の言い方を間違えて「今まで食べたことのない味!」

    「『どういう意味?』と固まってしまう…」(20代女性)というように、おいしいのかまずいのか、的を射ない褒め方をされると、落胆する女性もいるようです。特に、料理が不得手だと思い込んでいる彼女だと、まわりくどい表現ではネガティブにとらえられてしまうので、気を付けましょう。