「それが本性?」と彼女のことが怖くなった瞬間あるある

1391915754748 200x200

彼女の意外な一面を知ってギャップ萌えすることは多々ありますが、反対にダメなギャップで引いてしまったということもあるのでしょうか? そこで今回は、スゴレン男性読者への調査結果をもとに、「どっちが本性? 彼女の豹変に引いてしまった瞬間あるある」を紹介します。

◆普段は丁寧な話し方なのに、怒ると下品な言葉遣いで罵ってきたとき
・「怖かった。いつもは猫かぶってたの?」(20代男性)
・「地元の方言だと思うけど、ガラが悪かった」(30代男性)
・「あまりにも迫力がありすぎて、正座しそうになった」(20代男性)

◆おっとりしたタイプなのに、嫌っている知人の不幸を喜んだとき
・「『ざまぁ!』とか言ってて引いた」(10代男性)

◆サバサバした性格で男友達も多いのに、嫉妬深い束縛タイプだったとき
・「『私、男っぽいし。ヤキモチ焼いたことない』と言っておきながら、つきあってみると俺の女友達について文句タラタラなタイプだった」(20代男性)

◆清楚なタイプなのに、多くの男性にチヤホヤされるのが大好きだったとき
・「清楚系ビッチは実在した…」(20代男性)


長年つきあってきたカップルほど、彼女の意外な一面に気づいた時のショックは大きいのではないでしょうか。彼女の豹変ぶりが定着しないよう、「彼女が嫌がることは二度としない」「ヤキモチを焼かせない」など、何かしら対策をしておいたほうがよさそうです。