【ランキング】「もしかしてマザコン…?」と女子に疑われてしまう瞬間ワースト3

1391843078611 200x200

母親を思う気持ちは大切ですが、あまりにも度が過ぎてしまうと女性から引かれてしまうことも。「いい歳のくせにママ離れができていない」なんて思われないためにも、今回は『オトメスゴレン』女性会員にアンケートを実施し、「『もしかしてマザコン…?』と女子に疑われてしまう瞬間ワースト3」をお伝えします。

【1位】洋服や下着を母親に選んでもらっていることが発覚したとき(86票)
・「今どき中学生ですら自分で選んで買ってると思う。大人はアウトです!」(20代女性)
・「妙に服装がダサいと思っていたら、そんな理由があったとは(笑)」(20代女性)
・「そんなことまで母親に頼ってるっていうマインドに問題ありですね」(20代女性)

【2位】会話のなかで、やたら母親の登場回数が多かったとき(84票)
・「たまにならいいけど、さすがに毎日お母さんの話をされると乾いた笑いしか出ません」(20代女性)
・「『他に話すことはないの?』と、話題の乏しい人だとも思っちゃう」(10代女性)

【3位】「魚の骨は母親が取ってくれるもの」など、「母親の過保護」を少しも変だと感じていないとき(71票)
・「自立できていない男性は仕事ができなさそうだし、恋愛対象としても見られない」(20代女性)
・「知り合いの金持の男が『靴下を履かせてもらってる』と聞いたときは、さすがにゾッとしました」(30代女性)


お母さんに頼りすぎていたり、話題に出し過ぎると「マザコン」だと疑われてしまうようです。そんなときは母親の話題だけでなく、父親や兄弟、または自分の家族全体の話をするといいでしょう。そうすれば「家族思いのいい人だな」や「結婚したら幸せな家庭を築けそう」と思ってもらえ、好感度もアップするかもしれません。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計499名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2014年1月14日現在