好きだとわかってほしくて女の子にやることあるある

1390627900243 200x200

好きな女性にストレートにアタックできない、奥手な男性は多いもの。それでも精一杯、相手に気持ちを伝える努力をしているようです。一体どういう行動でアピールしているのでしょうか。スゴレン男性読者に「好きだとわかってほしくて女の子にやることあるある」を聞いてみました。

◆特に用事もなく、頻繁に女性に話しかける。
「恥ずかしいから話しかけるくらいしかできない。普通に話してくれただけでうれしい」(10代男性)
「少しでも話をしたいから、つい『○○さんはどう?』と彼女に話題を振ってしまう」(30代男性)
「時間的にゆっくり話せなくても、挨拶だけは欠かさずして、自分の存在アピール」(20代男性)


◆「俺もそう思うよ」など、女性の発言に対して、常に肯定や同意をする。
「同意することで、自分に好意を持ってくれないかなと思って」(20代男性)

◆女性の髪型などの変化に気付き、即座に褒める。
「よく見ているからこそできることだと思うし、褒められれば女性も喜んでくれるから」(30代男性)

◆荷物を持つなど、その女性にだけ優しく接する。
「一人だけ女の子扱いすることで、異性として好きなことをアピール!」(20代男性)


どれも確かに好意は伝わりそうですが、その先の関係に進もうとするなら、やはり男性側からのもうひと押しが必要でしょう。もし、二人きりでいい雰囲気になるなどのチャンスがあれば、勇気を持って告白してみることをおすすめします。(Office Ti+)