グッときた本命チョコの渡し方あるある

1390626690894 200x200

バレンタインに義理チョコでないチョコレートをもらうのは男冥利につきますが、相手の渡し方によってさらに気持ちも盛り上がるものです。今回は、『スゴレン』男性読者へのアンケートをもとに「グッときた本命チョコの渡し方」を紹介します。

◆わざと用意していないフリをして帰り際の最後の最後に渡す
・「もらえると思っていたのに何もなく、ガッカリして帰ろうとしたら渡された!」(20代男性)
・「『早く渡したかった』と照れる姿に萌え~」(20代男性)
・「ツンデレっぽい態度にまいった!」(30代男性)

◆いつもよりお洒落をして全身で「あなたが好き」とアピールをして渡す
・「いつもスッピンの子がバッチリメイクで近づいてきて、ソワソワしちゃいました」(20代男性)

◆「ちょっと来て」と二人きりの空間で秘密っぽく渡す
・「メールでこっそり呼び出されてドキドキ」(30代男性)

◆みんなにチョコを渡しつつ、彼にだけ「あなたは特別」のメッセージをつけて渡す
・「義理チョコだと思っていたら本命、という意外性にやられた」(20代男性)


ギャップやサプライズ的なシチュエーションだと喜びもひとしおのようです。もし、本命チョコをもらうときとっさのことで気の利く一言が出なかった人は、ホワイトデーに彼女がドキドキするような演出でお返ししてみてはいかがでしょうか。