「彼女イラネ!」と強がっても、女性にバレバレの「後ろ向きな本音」9パターン

お金はかかるわ、自分の時間はなくなるわで、「彼女なんていらない」と公言している男性は多いでしょう。しかし、自分の本心が伝わらずに、世間からは「ただのやせ我慢」だと憐れまれている可能性もあるようです。そこで今回は10代から30代の独身女性189名に聞いたアンケート結果を参考に「『彼女イラネ!』と強がっても、女性にバレバレの『後ろ向きな本音』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】いらないんじゃなくて、「どう頑張っても彼女ができない」

    「交際経験ゼロとかだと説得力なしです」(20代女性)というように、女性に縁がないくせに強がっていると思われているパターンです。「彼女なんていらない! …てか、できない?(笑)」と冗談めかしたほうが好感をもたれるでしょう。