好きな子の前で違う女の子と楽しそうに絡んでしまう男心あるある

好きな人が参加する飲み会は、積極的に話しかけて親しくなるチャンス! …かと思いきや、あえて別の女性とばかり盛り上がってしまう、というあまのじゃくな行動に出る男性も、意外と多いようです。それはどうしてでしょうか? スゴレン男性読者を対象に「好きな子の前で違う女の子と楽しそうに絡んでしまう男心あるある」を調査してみました。

  • 好きな子の前で違う女の子と楽しそうに絡んでしまう男心あるある

    ◆明るくて楽しいキャラをアピールしたいから
    「本当は地味キャラだけど、暗いイメージになりたくないので、無理して女子とハシャいでしまう」(10代男性)
    「とにかく場で目立っていれば、相手に明るい印象を残せると思うから」(30代男性)
    「女性に人気があって、一緒に居ると楽しい男だと思ってもらいたい」(20代男性)


    ◆好きな人に直接話しかけるのが恥ずかしいから
    「まず周辺の女友達と話を盛り上げてから、本命の女性に話しかけた方が自然だと思う」(10代男性)

    ◆遠まわしに自分のことを知ってほしいから
    「大声で話していれば間接的にでも自分を知ってもらえるし、それで相手から話しかけてくれたら超ラッキー」(10代男性)

    ◆好きな人にヤキモチを焼いてほしいから
    「ちょっとモテ風を装って、相手の嫉妬心を刺激したいので」(20代男性)


    多くの女性は男心を深読みしないため、あなたが他の女性を好きなのだと誤解してしまう可能性大です。ほかの女性とはしゃいでも、せめてお開きのあとすぐ気になる子に「楽しかった」とメールするなど、当日中に直接コンタクトを取ってフォローしておきましょう。(Office Ti+)