デートを早めに切り上げられても納得できる女性のセリフあるある

せっかくのデートも途中で女性に「別の用事があって…」と切り上げられると、寂しいものです。とはいえ、彼女の言葉次第では次に会うときの期待感が高まる場合もあるようです。今回は、10代から30代の独身男性161名に行ったアンケートを参考に「デートを早めに切り上げられても納得できる女性のセリフあるある」を紹介します。

  • デートを早めに切り上げられても納得できる女性のセリフあるある

    ◆「3か月前から決まっていて」など、デート以前の先約であったことを説明する
    ・「先約があっても、わざわざ俺に会ってくれたと分かると、ちょっと感激する」(30代男性)・「前々からの約束をキチンと守るところが、むしろイイ!」(20代男性)
    ・「こちらの気持ちを考えてきちんと理由を言うところに、『大人だな』と見直す」(20代男性)

    ◆「もう少し一緒にいたいけど…」と名残惜しそうにする
    ・「デートのほうが大切って伝わってきた」(30代男性)

    ◆「そろそろ時間。今日は本当に楽しかった!」と心を込めて感想を伝える
    ・「残念ではあるけど、ハッピーな余韻が残ります」(10代男性)

    ◆「次はいつ空いている? 埋め合わせさせて!」と自分から次回を予約する
    ・「『なんだ、俺のこと好きなんじゃん…』ってうれしくなった」(20代男性)


    別れ際に埋め合わせするような一言があれば、「合間を縫って会ってくれた」という気遣いが伝わり、安心するようです。もし、女性が上記のような言葉をくれたら、すかさず「次はもっと時間をちょうだい」とお願いしてはいかがでしょうか。彼女への愛情が伝わるだけでなく、デートの約束もでき一石二鳥かもしれません。