アラサー女子はやっちゃダメだと思う「痛ファッション」あるある

アラサーにもかかわらず、「若い女子の特権」のような格好をしている女子は多いものです。男性には「痛い」と感じる服とは、どんなものでしょうか。今回は、10代から30代の独身男性238名に聞いたアンケートを参考に「アラサー女子はやっちゃダメだと思う「痛ファッション」あるある」を紹介します。

  • アラサー女子はやっちゃダメだと思う「痛ファッション」あるある

    ◆キャラクターがプリントされたTシャツ
    ・「子どもっぽい。かわいい絵柄だとなおさらイタい」(20代男性)
    ・「好きなキャラなのはわかるけど、大人の女性には合わない」(30代男性)
    ・「ワンポイントくらいならいいが、全面プリントはどうだろう…」(20代男性)

    ◆かわいすぎるリボンのカチューシャ
    ・「特に、大きなリボンはコスプレの域(苦笑)」(20代男性)

    ◆学生っぽさがあるピーコート
    ・「ピーコートは制服に合わせるイメージがある」(20代男性)

    ◆生地が安っぽいプチプラブランドのワンピース
    ・「安い服は見ればわかる。大人が質の悪いものを着てると、よけい貧乏臭く見える。若さでカバーできる歳じゃないでしょ」(20代男性)


    「年相応」という言葉があるように、年齢に合った服装のほうが美しく見えるものです。もし彼女を見て「若作りしてるなー」と思ったら、デートのとき店頭のコーデを指さして「こういうシックな色合いも似合いそうだね。見てみたいな」など、さりげなく提案してみてはいかがでしょうか。