【ランキング】彼女が彼氏からの愛情不足を感じる瞬間ワースト3

1389347703507 200x200

彼氏との交際が長くなると倦怠期を迎え、「もう愛されてないのかも…」と感じてしまう女性がいるようです。では、どのようなときにそう思わせてしまうのでしょうか。そこで今回は『オトメスゴレン』女性会員にアンケートを実施し、「彼女が彼氏からの愛情不足を感じる瞬間ワースト3」をお伝えします。

【1位】彼氏からメールの返信が遅れがちになったとき(272票)
・「メールを返す速度と二人の心の距離って比例してると思う。遅くなるほどに、彼の気持ちが離れていっていると感じちゃう」(20代女性)
・「余計な心配をしちゃうので『仕事が忙しい』とか理由があるなら言ってほしいな」(20代女性)
・「返事が遅いだけじゃなく、内容も淡泊だと『もう別れ時なのかも…』と思っちゃいます」(10代女性)

【2位】会えない期間が次第に長くなったとき(264票)
・「『もしかしたら浮気してるんじゃ…』と勘繰っちゃう」(30代女性)
・「もし忙しい時期でも、1時間とかほんの少しでもいいから、会ってくれると安心するのに」(10代女性)

【3位】彼氏が「好き」と言ってくれなくなったとき(168票)
・「ちゃんと言葉にして伝えてくれないと不安になっちゃいます」(20代女性)
・「言うのが恥ずかしいんなら、誕生日とか記念日にメッセージカードに書いてくれるだけでもいいんだけど…」(10代女性)


メール、会う時間、愛情を伝える回数など、付き合い始めのころと比較して徐々に減っていくと、女性は不安になってしまうようです。しかし、自分では彼女への愛情は変わっていないつもりでも、いつの間にか振る舞いが変わってしまっていることもあるでしょう。そんなときは「1日に一回はメールする」や「少しだけでもいいから週に一回は会う」など、自分の中でルールを作るといいかもしれません。そうすれば彼女が余計な心配をすることもなくなるのではないでしょうか。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計1379名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2013年11月18日現在