「さすがに祝いすぎでしょ」と彼女にドン引きされる、ユニークすぎる記念日9パターン

二人だけの「記念日」を祝いたがる女性は多いものですが、彼氏がひとりよがりに企画した結果、「やり過ぎ」と思われてしまう記念日もあるようです。そこで今回は10代から30代の独身女性210名に聞いたアンケートを参考に、「『さすがに祝いすぎでしょ』と彼女にドン引きされる、ユニークすぎる記念日9パターン」をご紹介します。

  • 【1】二人が初めて一緒に〇〇した日を祝う、些細すぎる「初〇〇記念日」

    「『二人で一緒にゴミを出した記念日』って何がめでたいの?」(20代女性)など、二人で初めて行った共同作業は思い出に残りますが、日常的な行動をいちいち祝っていたらキリがありません。せめて「初デート記念日」くらいに留めておきたいものです。