友達の彼女を見て「オレの彼女、負けてる…」と感じた瞬間あるある

友達の彼女と自分の彼女をつい比較してしまい、勝手に敗北感を感じたことのある男性も多いのではないでしょうか。今回は、10代から30代の独身男性192名に聞いたアンケートを参考に「友達の彼女を見て『オレの彼女、負けてる…』と感じた瞬間あるある」を紹介します。

  • 【1】タイトル

    ◆「人前で彼氏を立てられる子だな」と、振る舞いに感心したとき
    ・「ウラヤマシイ。俺の方はいつも彼女にダメ出しされてるから…」(20代男性)
    ・「謙虚なところに品の良さを感じた」(30代男性)
    ・「俺達がいる前でも彼氏にちゃんと『ありがとう』と言っていた時」(30代男性)

    ◆「メイクやファッションが感じイイ」と、センスの良さにグッときたとき
    ・「俺の彼女もフェミニンな格好をしてほしいなあと思った」(20代男性)

    ◆「話し方もしぐさもすげえ可愛い」と、女の子らしさ全開だったとき
    ・「ほわんとした空気感ってサイコーにかわいい!」(10代男性)

    ◆「食事のマナーが上品だ」と、育ちの良さをかいま見たとき
    ・「『もしやお嬢様なのかな?』と思う立ち振る舞いに憧れる」(30代男性)

    身近な存在の彼女との違いが目につきやすいかもしれませんが、隣の芝生は青く見えるもの。友だちの彼女と比較はしないで、自分の彼女の魅力を再確認してみてはいかがでしょうか。