女の子の行動にグッタリした「残念デート」あるある

せっかく取り付けたデートが、片思い相手の残念な行動のせいで疲れてしまった経験があるという意見もよく聞きます。そこで今回はスゴレン男性会員の皆さんを対象に、「女の子の行動にグッタリした『残念デート』」のエピソードを聞いてみました。

  • 【1】タイトル

    ◆あまりしゃべらず、こちらから何を話してもリアクションが薄い
    「自分一人が気を使って話題を考えるのは、正直、面倒に感じる」(20代男性)
    「楽しんでいないのかと不安になる」(10代男性)
    「いっそ、つまらないならつまらないと正直に言ってほしい」(30代男性)

    ◆コメントするチャンスもないくらい、ずっとしゃべり続けられた
    「女性特有のオチがない話を延々聞かされ続けるのは死ぬほど苦痛」(20代男性)

    ◆「あなたもそう思うでしょ?」など、やたら同意を求めてくる
    「いちいち意見に納得した振りをするのが面倒。同意しないと怒るし」(20代男性)

    ◆一方的に自分が知らない分野の話ばかりされた
    「リアクションに困るし、退屈だから」(20代男性)

    円滑なコミュニケーションが成立しないと、お互いに理解を深め合うことはできません。男性が合わせてばかりでは、女性が彼氏を疲れさせていることに気づかないこともありますので、ときにはハッキリと自分の意見を言ってみることも大切です。