【ランキング】婚約破棄もありえる、彼女の親へやってはいけないこと3つ

1386323347383 200x200

彼女との結婚を考えていると、相手の実家に挨拶に行くこともあるはず。そんなときに粗相をしてしまうと、「お前なんかにうちの娘はやれん!」なんてことになってしまうかもしれません。過ちを犯さないためにも今回は『オトメスゴレン』女性会員にアンケートを実施し、「婚約破棄もありえる、彼女の親にやっていけないこと3つ」をお伝えします。

【1位】「お邪魔します」など、基本的な挨拶ができない。(130票)
・「第一印象が最悪なので、その後も気まずい雰囲気になっちゃう」(30代女性)
・「目上の人に挨拶すらできないなんて、両親だけじゃなく私も引きました」(20代女性)
・「仮にどんなにそのほかの部分でポイントを稼げても、両親からは『育ちの悪い男』のレッテルを貼られてしまう」(20代女性)

【2位】「◯◯っす」「マジすか」などの若者言葉を使う。(78票)
・「親からしたら馬鹿なチャラ男にしか見えないと思う」(20代女性)
・「敬語もまともに使えないと、仕事も出来なさそうだから親が将来のことを心配する」(30代女性)

【3位】親の前なのに、彼女のことを呼び捨てにする。(73票)
・「私のことを雑に扱っているように感じちゃうんじゃないかな」(30代女性)
・「呼び捨ても良くないけど、『コイツ』とか呼んだときは親がキレないかハラハラ(苦笑)」(20代女性)


基本的な礼儀ができていないと当然不評を買うようです。最初は気をつけていても、親御さんと話しているうちに気が緩んできて若者言葉が…といったミスをしないよう、慣れてきたころこそ、よりいっそう気持ちを引き締めましょう。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計629名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2013年11月1日現在