彼女の中に“鬼”を見た瞬間あるある

女の子のちょっとした言動に、外見からは想像もできないような「怖さ」を感じたことってありませんか? 日頃好意を抱いている女性だと、一気に評価が変わってしまうなんてこともありますよね。今回はスゴレンの男性会員に「彼女の中に“鬼”を見た『女性不信になりかけた瞬間』」を聞いてみました。

  • 【1】タイトル

    ◆思い出の品を容赦なく捨てているのを見たとき
    「ちょっとドライすぎ」(20代男性)
    「切り替え早すぎでしょ…」(10代男性)
    「自分も用済みになったらこうして捨てられるのか? なんて思ってしまう」(20代男性)

    ◆タイムセールなどで集まった人だかりに突進していったとき
    「戦場に向かう兵士のようだった」(30代男性)

    ◆振られて涙した次の日に、新しい男性と付き合いはじめたとき
    「こうなるのを知ってて、ほかの男をキープしてたの…? と疑ってしまう」(20代男性)

    ◆ハエや蚊を見つけて、ムキになって叩き殺そうとしているとき
    「『親のカタキ!』みたいな顔が怖い」(30代男性)

    男性が抱く「女らしさ」のイメージとは違い、実際は男性の想像以上に強い面を持ち合わせているものです。そんなギャップを楽しんだりプラスに捉えれば、新たな魅力を発見できるかもしれません。