【ランキング】女性の好感度をだだ下げする「ダメな告白」ワースト3

1385718152328 200x200

意を決して好きな女の子に思いを伝えるときに、どういう言葉を使うかが重要になるでしょう。もしかしたらとんでもないことを言って、告白を台無しにしてしまうこともあるかもしれません。そこで今回は『オトメスゴレン』女性会員へのアンケートをもとに、「女性の好感度をだだ下げする『男性のダメな告白』ワースト3」を発表します。

【1位】煮え切らない態度にストレスを感じさせる「君がいいなら俺はいいよ」(100票)
・「告白されてるのかもはっきりしないような言葉が響くわけない」(10代女性)
・「こういう重要なことの決断を女任せにするのは男らしくないです」(20代女性)
・「これでOKしても最終的には関係がうやむやになりそうで嫌」(10代女性)

【2位】軽いノリにガッカリする「好き! とか言っちゃってみたりしてー」(81票)
・「照れ隠しでチャラ男っぽく言ってるだけかもしれないけど、正直こんな言葉で彼氏彼女になりたくないです」(20代女性)
・「飲み会のテンションみたいで本気だと思えないし、真剣さも感じられない」(10代女性)

【3位】ストーカー気質を疑いたくなる「君をずっと、僕以外の目に触れない場所に閉じ込めておきたい」(79票)
・「言ってることが怖いし、かなり警戒しちゃいます」(20代女性)
・「付き合ったら絶対に束縛してくるでしょ!」(20代女性)


面と向かって告白するのは気恥ずかしいところもあるでしょう。しかし、ここで失敗しては元も子もありません。もしもハッキリ言う自信がないのなら、ムードのいい個室レストランを予約するなどしてシチュエーションを整えておけば、その場の雰囲気が思いを伝える後押しになるかもしれません。(A4studio)

【調査概要】
対象:合計676名(『オトメスゴレン』女性会員)
方法:インターネット調査
※2013年11月6日現在