女の子が「イケメンは苦手」と公言する本当の理由9パターン

「カッコいい男性はNG」という女の子はまれにいます。非イケメンにとっては嬉しい一言ですが、アプローチする前に女の子の本音を探ったほうがいいかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性286名に聞いたアンケートを参考に「女の子が『イケメンは苦手』と公言する本当の理由」をご紹介します。

  • 【1】「イケメンが相手だと遊ばれてしまう」と慎重になっている

    「本気で自分のことが好きなのか不安になりそう」(20代女性)というように、容姿レベルが高すぎる男性は、自分を愛するわけがないと思い込んでいるケースです。冗談っぽく「昔、イケメンに何かされたの?」と尋ねると、本心が分かるかもしれません。
  • 【2】自分に自信がないので、「美男とは釣り合わない」と尻込みしている

    「街を歩いたら、『彼女はブス』とか言われそう」(10代女性)というように、自分はビジュアルがイマイチなので、イケメンの彼女にふさわしくないと考える女の子もいます。「むしろフツメンのほうが気楽でいい」(10代女性)という意見もあるので、この手の女性は幅広い男性に門戸を開いているといってもいいでしょう。