【10代女性の本音】「禁断の恋」といえば、誰が相手?

1384068581094 200x200

マンガやドラマの世界でよく目にする「禁断の恋」。一度は憧れたことがある女子も多いのでは? では10代女子が「禁断の恋」と聞いて連想するのはどんな相手なのでしょうか? 女子中高生を中心とした10代向けスマホブログ『Candy』にて、「禁断の恋の相手と言えば?」とのアンケートを実施したところ、以下のような結果になりました。

<禁断の恋の相手と言えば?>
1位 先生(2563票/約39%)
2位 お兄ちゃん(1832票/28%)
3位 友達の彼氏(1258票/約19%)
4位 既婚者(428票/約6%)
4位 女の子(258票/約4%)
5位 ネットで出会った人(108票/約1%)
6位 超年上(82票/約1%)

【調査概要】
『Candy』(http://candy.am/)調べ
有効回答数:6523票

【回答者の声】
・一度は憧れるけど現実であり得ない(笑)(13歳)
・既婚者。萌える/)//(15歳)
・お兄ちゃんいないけど、お兄ちゃんとの禁断の恋とか…はっ(〃▽〃)(16歳)
・女の子。レズビアン憧れる(笑)なんてね。(17歳)
・お兄ちゃん。家族はダメだろー(13歳)

1位になった「先生」は、10代女性ならではの回答と言えそうです。同じく『Candy』で行った「先生を好きになったことある?」というアンケートでは、女子の4人に1人という高い割合で「ある」と答える結果に。ただし、成人男性が未成年女性と交際した場合、淫行条例(いんこうじょうれい)に触れる恐れがあります。憧れは憧れにとどめておくべきでしょう。