絶叫マシンが苦手…遊園地でヘタレと思われないための行動9パターン

遊園地といえばデートの定番。しかし、苦手な「絶叫マシン」を怖がって動揺している姿を見せてしまうと、女性に幻滅されてしまう可能性があります。そこで今回は10代から30代の独身女性176名に聞いたアンケートを参考に、「絶叫マシンが苦手な男性が、遊園地デートで『ヘタレ』と思われない行動9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「実は絶叫マシンが大の苦手なんだ」とあらかじめ素直に伝える

    「先に言ってくれれば格好悪いと思わない」(20代女性)など、事前に「苦手なこと」をきちんと伝えておけば、さほどマイナスイメージは持たれないようです。直前になって告白するよりも、デートの計画段階から言っておくとよいでしょう。