愛煙家でも好感度アップ!マナーの良さを感じさせる気配り9パターン

世は空前の禁煙ブーム。喫煙者にとっては辛い時代ですが、デート中にタバコを吸う男性によくないイメージを持っている女性は多いようです。そこで今回は10代から30代の独身女性219名に聞いたアンケートを参考に、「愛煙家男性がデート相手から『マナーの良い人!』と思われるまわりへの配慮9パターン」をご紹介します。

  • 【1】歩きタバコや、子供がいる場所での喫煙は絶対にしない

    「タバコを持った手をブンブン振って歩く人は最悪」(20代女性)というように、火が点いたタバコは周囲にとって危険物。歩きタバコや子供の前での喫煙は、女性に恐怖感を与えてしまうようです。周囲の安全には配慮すべきでしょう。
  • 【2】携帯灰皿を持ち歩き、灰や吸殻のポイ捨てなどは絶対にしない

    「自分のゴミの始末もできないなら吸わないで」(20代女性)など、吸殻のポイ捨てはマナー的にも最低な行為です。携帯灰皿を常備して、必ず自分の手で始末しましょう。ただし、携帯灰皿を持っているとしても、吸う場所には十分注意が必要です。