「あ、この人、隠れマザコンだ!」と女の勘が働く瞬間9パターン

「男として頼りない」「自分を一番に想ってほしい」などの理由で、女の子に敬遠されがちなマザコン男性。自分は違うと思っていても、知らないうちに女の子から「マザコン認定」されているかもしれません。そこで今回は、10代から30代の独身女性244名に聞いたアンケートを参考に「『あ、この人、隠れマザコンだ!』と女の勘が働く瞬間」をご紹介します。

  • 【1】「ウチのごはんはうまい」とやたらに母親の手料理を褒める

    「同棲中の彼におふくろの味を要求されてウザい」(20代女性)というように、母の味をうるさく語る男性からマザコン臭を嗅ぎとる女の子も。たとえ家のごはんが一番だと思っても、わざわざ他の料理と比べないようにしたいところです。