そんな人だったなんて…彼女の前では封印すべき黒歴史9パターン

人には誰しも、他人に言えない過去の記憶があるもの。勘違いしたカッコよさを追求していた若い頃の「自分設定」は、彼女にバレると恥ずかしいようです。今回は10代から30代の独身女性219名に聞いたアンケートを参考に、「『そんな人だったなんて知らなかった…』と彼女にガッカリされる、封印しておくべき黒歴史9パターン」をご紹介します。

  • 【1】洋画のヒーローに憧れ、「ファック」や「シット」を口癖にしていた

    「無理やりすぎて寒い」(20代女性)など、90年代のハリウッド映画を思い出させる「汚い英単語」の連発は、キャラ付けにしても安易でカッコ悪いようです。「口癖」を自分で設定するのは黒歴史になりやすいので、今後も注意を怠ってはならないでしょう。