悪気はなくても地雷を踏んでしまう「愛妻弁当の感想」9パターン

  • 【5】「後輩の弁当、すげーおいしそうだった」と、他人のお弁当と比較する

    「『隣のヤツのはこんなだよ』と、写メを見せられても…」(30代女性)というように、精一杯作ってくれたお弁当を認めず、「どうしてこれができないの?」という態度は、妻を萎えさせてしまいます。間違っても、「から揚げはおふくろのが一番」などと口走らないようにしましょう。
  • 【6】「全体的に茶色くてババくさい」と、彩りを気にする

    「『地味だからフタで隠して食べた』と言われて大ショック!」(20代女性)というように、昔ながらの惣菜の良さを軽視すると、料理上手の妻も腕をふるう気が失せてしまいそうです。ましてや、「恥ずかしい」といった表現は、妻に与えるダメージが大きいので、避けたほうがいいでしょう。