「この人がダンナだったらいいのに!」と同僚男性の好感度が急上昇する瞬間9パターン

職場結婚はよく聞きますが、あなたの近くにもその可能性が転がっているかもしれません。そこで今回は10代から30代の独身女性327名に行ったアンケートから、「『この人がダンナだったらいいのに!』と同僚男性の好感度が急上昇する瞬間」を紹介します。

  • 【1】トラブルが起きたとき、自分が悪くなくても謝ることができるとき

    「家庭でもちゃんと謝ってくれそう」(30代女性)のように、きちんと謝れる男性に優しさを感じる女性は多いようです。逆に、意固地になって自分の非を認めない男性は、女性に幻滅されがちなので、まずは素直に「自分が悪い」と認めるように心がけてはいかがでしょうか。
  • 【2】同僚が連れてきた子どもの相手が上手だったとき

    「子育てに協力的な感じ」(20代女性)など、いつか子どもがほしいと考えている女性にとって、子ども好きの男性は好感度が高いようです。小さい子が苦手なら、「お名前は?」「いくつ?」と聞くだけでも、仲良くしようと努力している姿勢を感じてもらえるかもしれません。