別れをギリギリで踏みとどまらせてくれた「心に響いた彼氏のセリフ」9パターン

どんなに愛し合っているカップルでも、予想外のケンカやトラブルによって、破局の危険にさらされることはあるもの。そんなとき、彼氏が言った思いがけない一言が彼女の胸を打ち、危機を回避できたケースもあるようです。今回は『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「別れをギリギリで踏みとどまらせてくれた『心に響いた彼氏のセリフ』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「僕は君のそばにいられることが幸せなんだよ!」

    「一緒にいることが当然になってたけど、そんな風に思ってくれてたんだ」(20代女性)など、「彼女のそばにいること」が自分の幸せという、素朴な愛情を伝える一言です。穏やかな将来像をイメージさせ、彼女を感動させることができそうです。
  • 【2】「俺にはお前しかいないんだ、この先もずっと」

    「すごく強く求められている気がした」(20代女性)というように、「自分にとって、この世で一番の女性は君だ!」という強烈な決意を伝える一言です。誰よりも強く彼女を求めることで、愛情の大きさを伝えることができそうです。