彼氏にしたいかも!ただの男友達に胸キュンする瞬間9パターン

仲良くしている女性がいても、「ただの友達」という感覚で付き合っている間は、恋愛対象に入っていないもの。しかし、異性を感じさせるコミュニケーションによって、友達から「素敵な男性」に昇格するケースもあるようです。今回は、『オトメスゴレン』女性読者への調査結果をもとに、「ただの友達だったのに『彼氏にしたいかも!』と胸キュンされる瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「誰かに言ってほしかったこと」を言ってもらえたとき

    「『仕事頑張ってるよね』と言われて、見ててくれてるんだなって思った」(20代女性)など、その女性を応援している気持ちを言葉にすることで、男性として意識されるようです。日頃から相手をよく観察していれば、かけるべき言葉は自然と見つかりそうです。

注目の記事(男性)

注目の記事(女性)