「働いてくれてありがとう」と感謝する気が失せる夫の暴言9パターン

毎日頑張って働いてくれる夫は、妻にとって何より頼もしい存在。ところが、そんな夫のプライドが、ときに心ない言葉となって飛び出し、妻との間にミゾを作ってしまうケースも多々あるようです。そこで今回は、独自アンケートの結果をもとに「『家族のために働いてくれてありがとう』という気持ちが失せる夫の暴言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「誰のおかげでメシが食えると思ってるんだ!」などと、威張る

    「『タダ飯喰らいのくせに!』って、いつの時代の男かと思った(笑)」(20代女性)というように、どこかで聞いたような尊大な言葉は、感謝どころか妻の失笑を買いかねません。売り言葉に買い言葉で「俺が養ってやっている」などと言いそうになったら、一呼吸おいてクールダウンしましょう。