「ワンパターン弁当には飽きた」と妻に察してもらう伝え方9パターン

せっかく毎日妻が作ってくれる愛情弁当なのに、最近マンネリ化してきて飽きてきた…。そんなとき、妻を怒らせることなく、お弁当のメニューを刷新してもらうためには、どのように伝えたらいいのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「妻の『ワンパターン弁当』に飽きたことをうまく察してもらうための伝え方9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「毎日ありがとう。でも…」と、感謝を伝えてから切り出す

    「『愛妻弁当を食べられる生活が夢だったんだ』って言われると、多少のワガママも笑顔で受け入れられる」(20代女性)というように、きちんと妻の毎日の労をねぎらえば、メニューの相談も快く許してくれそうです。間違っても、いきなり「でも、もう飽きた!」とバッサリ切り捨てるのはやめましょう。