フツメンが経験した奇跡的なモテエピソード9パターン

  • 【5】バイト先をコンビニから本屋に変えたところ、同僚の間で奪い合いが起きるほど女性にモテた

    「自分は本屋にいそうな子のツボだったようです」(20代男性)など、自分が高く評価されるコミュニティに入ったことでモテ期が訪れるパターンです。文化系、体育会系など、自分のタイプを把握し、それを好む女子が多い環境に飛び込むことが、モテ期を招く第一歩かもしれません。
  • 【6】彼女と別れた途端、会社の女性3人が競い合うように言い寄ってきた

    「フリーのときは声もかけてくれなかったのにね(笑)」(20代男性)など、人のものほど魅力的に見えるという現象がモテをアシストするケースです。自分の異性としての価値を高めるには、誰かと付き合うことも有効なようです。