ビジネスメールからデートにまでつなげることができた「さりげない私信」9パターン

職場や取引先など、仕事を通じて出会った女性に恋心を抱く人は少なくありません。「ただの仕事相手」からプライベートで誘えるような距離感を目指すには、ビジネスメールに些細な私信を添えるのがひとつの方法のようです。今回は『スゴレン』男性読者への調査結果をもとに、「ビジネスメールからデートにまでつなげることができた『さりげない私信』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】金曜日夕方の業務メールに、「一週間お疲れ様でした!」と書き加えた

    「その流れで週末の予定を聞いた」(20代男性)など、休日前というホッとしがちなタイミングを狙い、気遣いのこもった一文を添えることで、私的なメッセージの交換ができることもあるようです。最初の一通に向いているでしょう。
  • 【2】打ち合わせで会った後のメールで、相手の「香水の匂い」を褒めた

    「身だしなみを褒められて、悪い気がする女性はいないはず」(30代男性)など、相手のファッションや印象的な持ち物などを褒めることで、プライベートな会話をはじめるきっかけになるようです。女性にまず親近感を持ってもらう方法として有効そうです。