「彼が自分と正反対の性格でよかったー!」と惚れ直してしまう瞬間9パターン

「彼と性格が似ていてよかった」と思う女性はたくさんいますが、「反対でよかった」と惚れ直すケースもあるようです。今回は『オトメスゴレン』の女性読者の意見を参考に、「彼が自分と正反対の性格でよかった」と思う女性の本音を紹介します。女心を理解すれば、今の彼女とさらによい関係を築けるかもしれません。

  • 【1】マイナス思考な自分を、プラス思考な彼が励ましてくれるとき

    「前向きに受けとめてくれる彼に救われた」(30代女性)など、後ろ向きな彼女を明るく彼が励ますとき、愛が深まるパターンです。彼女が悩んでいる場合、結論を無理に急かすとますます混乱させてしまいます。まずは話に共感し、楽天的に受けとめてあげるとよいでしょう。