実は彼女にまったくカッコいいと思われていない「男のこだわり」9パターン

  • 【6】手順に凝りすぎて儀式めいて見える「コーヒーの淹れ方」

    「うんちくが多すぎて美味しく感じない」(20代女性)など、コーヒーやお茶の淹れ方にこだわる男性は意外と多いものですが、詳しく語って聞かせても彼女は感心しないようです。美味しさの秘密を彼女から聞かれるまでは、黙っておくのが得策でしょう。