「結婚したら亭主関白になりそう」と思われる男性の特徴9パターン

  • 【5】男友達や職場ではいじられ役である

    「外での不満を家庭内で発散しそう」(20代女性)など、仲間内では道化を演じることの多い男性ほど、家では女性に偉そうな態度をとるのではないかと思われるようです。「彼女には尽くすタイプ」などさりげなくアピールすれば、偏見もなくなるかもしれません。
  • 【6】医者や弁護士など若くして尊敬される仕事に就いている

    「他人から敬われる立場だと、命令するのが癖になりそう」(20代女性)など、仕事上他人を動かす立場にある人は、家でも同じように振る舞うのではないかと思われるようです。人に指示を出すときも、「お願いします」「ありがとう」を忘れずにいれば、逆に腰の低さに感動されるかもしれません。