「私、太ったよね?」と妻に詰め寄られたときの切り抜け方9パターン

妻がぽっちゃりしてきたなと感じ始めたとき、本人から「太ったかな?」と聞かれて困ったことのある男性は結構いるようです。はっきり「太った」と言うと、落ち込んだり気分を害したりしそうで、どう答えるべきか悩ましいもの…。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『私、太ったよね? どう思う?』と妻に詰め寄られたときの切り抜け方」をご紹介します。

  • 【1】「美人だから、大丈夫!」とかわす

    「『もとがいいから、心配するな!』と肩を叩かれて、ちょっとうれしかった」(20代女性)など、太ったかどうかという質問はスルーして、妻の素敵なところに焦点を当てる方法です。「上から目線」で言うのではなく、心からそう思っていることを力強く伝えれば、妻も上機嫌になってくれるでしょう。
  • 【2】「少しくらいぽっちゃりしてたほうが、かわいいよ」とフォローする

    「『僕はそのくらいが好みだな』とか言われると、安心する」(30代女性)など、体型の変化を認めたうえで、今のほうが好きだと伝えるのもひとつの手です。ただし、妻の気持ちが緩んでさらに太ってしまう可能性があるので、「もうちょっと痩せていたほうが…」というのが本音なら、安易におだてないほうがいいでしょう。