プレゼント候補の価格が高額だったときのリアクション9パターン


彼女からおねだりされたクリスマスプレゼント。値札を見た瞬間に、その金額の高さに驚くこともあるのではないでしょうか。そのときみなさんはどのようにリアクションしているのでしょうか。このような状況を切り抜けるヒントとしていただくため、今回は、「プレゼント候補の価格が高額だったときのリアクション9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】(値段を確認した瞬間に)「お!高いっ!」

    値段を見た瞬間にリアクションするパターンです。リアクションすることなく、時間が経過すると、彼女は「プレゼントされるかも!」と期待してしまう可能性があります。

  • 【2】「正直、予算オーバーだ。ごめん。」

    率直に謝るパターンです。申し訳ない表情で、彼女に申し出ましょう。頼りない印象を与えますが、優しい彼女であれば、理解を示してくれるでしょう。

  • 【3】「プレゼントしてあげたいけど、ちょっといまの俺には手が届かないよ。」

    「プレゼントしてあげたい」という気持ちを表現しつつ、無理なことを伝えるパターンです。プレゼントは「気持ち」なので、このような言い方も有効でしょう。

  • 【4】「ちょっと、今年は無理そう。来年こそ、プレゼントできるようにがんばる!」

    「無理」と言い切るだけではなく、来年には可能性があることを示すパターンです。努力しようとする姿勢を伝えることで、好感は高まるでしょう。

  • 【5】「いまの俺では戦闘力が足りない!すまん。」

    お金がないと言わず、「戦闘力」と表現するパターンです。「お金」という生々しいキーワードを回避することができます。

  • 【6】「がんばって出世する!だから、今年は我慢してくれ!」

    出世に対する意欲を示し、将来であればプレゼントできる可能性を示すパターンです。目をキラキラさせて、高いテンションで伝えましょう。出世への熱意を前面に押し出すことで、彼女も応援してくれるでしょう。

  • 【7】「さすがにサンタも腰が抜けるよ、きっと!」

    サンタというキャラを設定することで、その場を和ませるパターンです。

  • 【8】「食事は良い店予約するから、プレゼントは手加減して?(泣)」

    価格の高いプレゼントを贈れない代わりに、食事するレストランは良いお店を手配するなど、代替案を提案するパターンです。努力の姿勢を見せることで、彼女も喜ぶことでしょう。

  • 【9】「別のブランドはどうかな・・・?」

    別のモノやブランドを勧め、遠回しに「高額である」ことを伝えるパターンです。ハッキリと伝えないため、「これがいいの!」と主張された場合、説得することが大変になります。

彼女から要望されているモノが高額だったとき、みなさんはどのようにリアクションしているでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock