パパなんてだいっきらい!娘に拒絶されたときの反応9パターン

特に理由がなくても、幼い子どもは「あれもこれもイヤ!」と駄々をこねるもの。頭では割り切ったつもりでも、溺愛する娘から拒絶の言葉を浴びせられたら、しばらく立ち直れなくなるという男性は多いのではないでしょうか。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「幼い娘に『パパなんてだいっきらい!』と拒絶されたときのリアクション」をご紹介します。

  • 【1】「パパはきみが大好きだよ」と愛情を表現する

    「『嫌われても、おまえのことがずーっと好きなんだ』とけなげに応じる」(30代男性)というように、どんなに厳しい言葉を浴びせられても、無償の愛をまっすぐに伝える父親は多いようです。わが子の態度がすぐ変わらなくても、「自分の愛情は娘の心に積み上がっている」と考えて、根気強く頑張りましょう。