妻の父親が「苦手なタイプ」だったときの心の持ちよう9パターン

嫁姑の関係はよく話題になりますが、「婿」と妻の父親も、「同性かつ義理の親子」という点では共通しています。口には出さないまでも、妻の父親との付き合いに頭を悩ませている男性は意外に多いようです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「妻の父親が『かなり苦手なタイプ』だったときの心の持ちよう」をご紹介します。

  • 【1】「嫌われなければOK」とハードルを下げる

    「そもそも気に入られようと思わなければいい」(30代男性)というように、無理して好かれようとせず、「ノートラブルで満点」と考えることで、変に気負わなくてもよくなりそうです。義父の怒りさえ買わなければ、「オレ、頑張ってるじゃん」と自分で自分を褒めてあげましょう。