園の先生に「面倒な父親かも」と警戒されてしまう振る舞い9パターン

子どもが幼稚園や保育園に入ると、運動会や家族参観など、父親も参加する行事があります。いくら自分に不慣れな場とはいえ、何気ない行動のせいで、先生から「要注意パパ」としてマークされてしまったら心外でしょう。そこで今回は、園児を育てるママたちの意見を参考に、「先生に『面倒な父親かも』と警戒されてしまう振る舞い」をご紹介します。

  • 【1】女の先生を「オトコの目」で見る

    「『あの先生、かわいいね。何歳?』とか、大声で私に話しかける夫にドン引き」(30代女性)というように、女の先生を「ひとりの女性」として見るような発言は、周囲の人に不快感を与えかねません。「明るい」など、男女ともにあてはまる言葉ならともかく、「美人」「グラマー」といった性差を感じさせる表現は使わないほうが無難でしょう。