ち、違うんです…手料理を勧める義母の勝手な思い込み9パターン

自分を大事に思ってくれるゆえの気遣いが、実は見当違いだったとき、それを相手に言うのは難しいものです。そこで今回は、独自アンケートを参考に「妻の母が『婿が喜ぶはず』と思い込んで作ってくれた料理について、角が立たないように本音を伝える方法」をご紹介します。

  • 【1】「まだ入るでしょう」と、男はたくさん食べるものと決め付けている

    「少食なので、ズラリと料理が並ぶと困ってしまう」(20代男性)というように、妻の実家でのごちそう攻めに心から参っている男性は多いようです。たび重なるようであれば、妻にあらかじめ根回しして、「そんなに食べる人じゃないから」などと、事前に伝えてもらったほうがいいかもしれません。