「自称・おもろい男」の悲しい勘違い8パターン

悪い人ではないけれど、ウザい…。自分では周囲を盛り上げているつもりなのに、女性から疎んじられているとしたらショックだと思います。そこで今回は『オトメスゴレン』の女性読者から寄せられた「『自称・おもろい男』の悲しい勘違い」について、まとめてご紹介します。

  • 【1】ノリさえよければ女の子が喜ぶと考えている

    「初対面からいきなりハイテンションだと引く」(10代女性)など、盛り上げムードが必ずしも歓迎されるとは限りません。「内輪のメンツならいいけど、目上の人もいる席でいつものノリって…」(20代女性)というように、場をわきまえずにやたら騒ぐのも考えものです。