女の子の気分をそこねずに電話を切るときの一言9パターン

電話の切り方が悪いと女の子をがっかりさせてしまうかもしれません。どんな一言を添えればそれを避けられるのでしょうか。そこで今回は、オトメスゴレンの女性読者の意見をもとに「女の子の気分をそこねずに電話を切るときの一言」をご紹介します。

  • 【1】「あったかくして寝なよ。おやすみ!」と女の子を気づかう。

    「気づかいがあっていい」(10代女性)のように、やさしさが伝わる感じがいいという女の子がいます。夜遅くなり、女の子が眠そうにしているときに使えば、やさしさをアピールしつつ電話を終えられそうです。
  • 【2】「また電話するね」と言って、会話を明日につなげる。

    「また楽しく話せるイメージがわく」(20代女性)のように、次につなげる一言があるといいという女の子もいます。話が途中だったときは、「また明日電話するね」など、なるべく早いタイミングで話の続きを約束するといいでしょう。