彼氏から怒られないことが「さみしい」と思う瞬間9パターン


「優しい人」と「怒らない人」は必ずしも意味合いが同じではありません。彼女に対して優しく寛容に接しているつもりでも、ときには怒らないせいで愛情が足りないと思われてしまうことも…。そこで今回は、「オトメスゴレン」の女性読者に行ったアンケートを参考にして、「彼氏から怒られないことが『さみしい』と思う瞬間9パターン」をご紹介いたします。

  • 【1】「合コンに行く」と言っても止められなかったとき

    「嫉妬されないのがさみしい」(10代女性)など、彼女は自分に関心を持っていないと思うようです。ヤキモチを焼かないタイプの人も、あえて「合コンなんか行かないでくれ!」と言うなど、少しは独占欲をアピールした方が彼女に愛情を感じてもらえるでしょう。

  • 【2】デートをドタキャンしても理由を聞かれなかったとき

    「心配されていない気がする」(20代女性)など、ドタキャンの理由を問いたださないと大切に扱われていないと感じるようです。放っておかれたと思われないために、「どうかしたの?」と聞いたり、理由によっては真剣に注意したりする方が優しさを感じとってもらえるでしょう。

  • 【3】露出度の高い服装をしてもノーコメントのとき

    「少しは他の男の目線を気にしてほしい」(10代女性)など、リアクションが物足りないと思われるようです。ひと言だけでも、「可愛いけど、次から露出は控えて!」や「風邪ひくぞ!」など、彼女を心配しているようなコメントを言いたいところです。

  • 【4】八つ当たりをしたら、理由も聞かずに受け流されたとき

    「もっとかまってほしいのに!」(20代女性)など、真剣に向き合ってくれないと思われるようです。彼女が八つ当たりをしてきたら、受け流して避難するだけではなく、とことん彼女の話を聞いてスッキリさせてあげましょう。

  • 【5】文句を言うと、彼氏に落ち度がなくても真っ先に謝ってくるとき

    「張り合いがなさすぎる」(10代女性)など、消化不良になってしまうようです。口先だけで謝っていると思われないためにも、落ち度がないときは、しっかりと自分の意見を主張した方が彼女に満足してもらえるでしょう。

  • 【6】夜中に泥酔して帰宅しても、何も言わずに介抱されたとき

    「寛容な優しさが逆に辛い」(20代女性)など、罪悪感を覚える女性もいるようです。冗談半分で「まったく、何やってんだよ!」と言うなど、軽く怒った方が彼女も大切にされていると感じることができるでしょう。

  • 【7】わざとメールを返さなくても、まったく気にされなかったとき

    「みじめな気分になる…」(10代女性)など、孤独感を覚えることがあるようです。彼女の異変に敏感に気づいた方が愛情を感じてもらえるはずなので、普段よりもメールの返事が遅いときは、一度「何かあった?」とメールを送ると良いでしょう。

  • 【8】無茶なワガママを言うと、タジタジになって動揺しているとき

    「あいまいな態度が頼りなく感じる」(20代女性)など、男らしくないと思われるようです。ときには勇気を持って無茶なワガママを言った彼女を怒った方が、「一緒にいると成長できる」と思ってもらえるでしょう。

  • 【9】他の男性と仲良くしていても、まったく顔色を変えないとき

    「本当に私のことが好きなのかな?と思う」(10代女性)など、不安になってしまうようです。自分以外の男性と接することを嫌がりすぎると器が小さいと思われる恐れがあるので、ひと言「あんまり仲良くしないで」と言うなど、可愛げのある嫉妬心をアピールすると良いでしょう。

彼氏から怒られないことが「さみしい」と思う瞬間には、他にどんなものがあるでしょうか? 皆さんのご意見をお待ちしております。(浅原 聡)
Photo:All images by iStock