デートの誘いを断られた時のリアクション9パターン


気になる女の子に対して、勇気を振り絞ってデートに誘ったものの、あえなく玉砕。そのとき、みなさんはどのようなリアクションをとっているでしょうか。今回、断られたときリアクションに困らないように「デートの誘いを断られた時のリアクション9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「そうか、そうか。仕方ないね。」

    「仕方ない」と自分自身への慰めの言葉を含めて、伝えるパターンです。

  • 【2】「了解!突然、ごめんね。」

    突然、デートの誘いを提案した場合に有効な一言です。申し訳ない気持ちをしっかりと表現しましょう。

  • 【3】(夜、誘った場合)「今度は、ランチでも行こうね。」

    異なる時間帯におけるデートを提案するパターンです。ディナーのお誘いを断られた場合は、昼にランチを一緒にする提案をするなど、異なる時間帯でのデートを提案してみましょう。もしかしたら、「ランチだったら...」という返答をもらえるかもしれません。

  • 【4】(「みんなで行こう」と言われた場合)「よし、じゃー、みんなで行こう!」

    「みんなと一緒だったら...」と、二人きりで会うのを断られた場合のリアクションです。動揺せず、「よし、みんなで行こう!」と言いましょう。

  • 【5】「まじ?凹むわー。」

    冗談っぽく、ガッカリしたことを素直に伝えるパターンです。ただし、女の子がリアクションに困ってしまう場合があるので、その後もフォローできる話術が必要となります。

  • 【6】「お願い!」

    冗談っぽく、再度、お願いするパターンです。しつこくお願いすることで、迷惑行為になる可能性があるので注意しましょう。

  • 【7】「誘って、ごめんなさい。」

    誘ったことを謝罪する自虐的なパターンです。謝ることで、凹んでいる様子をアピールできます。

  • 【8】「残念。気が向いたときは誘ってよ。」

    ガッカリしていることを伝え、女の子からの連絡を期待していることを伝えるパターンです。

  • 【9】「ぶっちゃけ、男として、魅力無い?」

    女の子に本音を聞き出すパターンです。「率直に言えば、魅力無い。」と断言される可能性があるので、覚悟をした上で聞くようにしましょう。

デートの誘いを断られた時、他にはどのようなリアクションがあるでしょうか。みなさんの意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock