デートで不用意にオゴってしまった自分を慰める5の考え方


デートのお会計のタイミングで、割り勘での支払いを切り出すことができず、全額オゴってしまった経験はないでしょうか。そのような心優しい男性のみなさんに、「デートで不用意にオゴってしまった自分を慰める5の考え方」をご紹介させて頂きます。不用意に、オゴって後悔する前に思い出してほしい考え方です。

  • 【1】「これは、浪費じゃない、投資なんだ。」と考える。

    その日の支払いを「浪費」と捉えるのではなく、今後の関係に対する「投資」と考えてみましょう。将来、この「投資」によって、デート以降も継続的にメールをしたり、デートの約束のキッカケとなるなど様々な可能性があると考えてはいかがでしょうか。

  • 【2】「女の子は、メイクをしたり、美容院や洋服代にお金がかかるから、デート代は負担してあげてもいいんだ。」と考える。

    実際、オシャレするにはコストが掛かります。カワイイ格好で来てくれた女の子に感謝したのだと考えてみてはいかがでしょうか。

  • 【3】「楽しい時間に対する感謝の気持ちをお金で表現したんだ。」と考える。

    彼女から時間を貰い、楽しい時間を過ごせたことに感謝し、その気持ちを表現したのだと思ってみてはいかがでしょうか。

  • 【4】「セコい男だと思われるよりずっとマシだったはず。」と考える。

    次のデートにつなげるには、好感度ダウンは避けたい状況です。不用意に割り勘を提案して、「セコい男!」と思われるより、ずっと良い結果だったと思ってみましょう。

  • 【5】「お金を回すことで、いつか自分に返ってくる。」と考える。

    お金を世の中に還元することで、きっと自分に別の形で戻ってくると考えていかがでしょうか。女の子とのデートで支払ったお金は、きっと別の形で自分に返ってくるかもしれません。

全額オゴってしまったことを後悔しないでください。きっと良いことあります。
Photo:All images by iStock