デートで不用意にオゴってしまった自分を慰める5の考え方


デートのお会計のタイミングで、割り勘での支払いを切り出すことができず、全額オゴってしまった経験はないでしょうか。そのような心優しい男性のみなさんに、「デートで不用意にオゴってしまった自分を慰める5の考え方」をご紹介させて頂きます。不用意に、オゴって後悔する前に思い出してほしい考え方です。

  • 【1】「これは、浪費じゃない、投資なんだ。」と考える。

    その日の支払いを「浪費」と捉えるのではなく、今後の関係に対する「投資」と考えてみましょう。将来、この「投資」によって、デート以降も継続的にメールをしたり、デートの約束のキッカケとなるなど様々な可能性があると考えてはいかがでしょうか。