脈アリかもしれない?女の子の断り文句9パターン


勇気を出して、デートに誘ったものの、女の子からお断りされたこともあると思います。しかし、断り文句でも「まったく脈ナシ」な断り方と「脈アリ」な断り方があるようです。そこで今回は、「脈アリかもしれない?女の子の断り文句9パターン」を紹介させていただきます。

  • 【1】「その日は用事あるけど、来週の火曜日はどうですか?」

    別の日程を提案してくれるパターンです。日程があえばデートしてくれるということなので、脈アリです。

  • 【2】「その日は、女友達と食事なんです。」

    女友達との予定であることをアピールして、男の影をチラつかせないパターンです。男の存在を見せないことは、脈アリのサイン?

  • 【3】「ぜひまた誘ってください!」

    社交辞令の可能性もあるので、表情から判断する必要があります。本当に明るい笑顔であれば、もしかしたらチャンスがあるかもしれません。

  • 【4】「今日だったら、暇だったのにー。」

    突然、誘われてもOKという合図を出すパターンです。改めて、誘ってみれば、デートの約束を取り付けることができるかもしれません。むしろ、なんとか都合をつけてすぐデートするべきだとも思えます。

  • 【5】「すごく行きたいんですけど、その日はたまたま予定があって。」

    「すごく行きたい」と言ってくれるパターンです。断り文句の「最初の一言」には相手の本音が表れるのではないでしょうか。

  • 【6】「予定が合わなくて、本当に残念。」

    言葉だけではなく、表情からも判断する必要があります。本当に残念そうな表情をしているのであれば、次回はチャンスがあるかもしれません。ただし、演技派の女の子もいるので注意が必要です。

  • 【7】「いつも暇なのに、たまたま予定が入っているんです。」

    「いつも暇」という言葉に、「次回、誘ってもらえばOKです。」というメッセージが込められている場合があります。

  • 【8】「来週まではちょっと忙しいです。」

    忙しい期限を教えてくれるパターンです。「しばらく忙しい。」という抽象的な表現よりも、具体的な期間を教えてくれることで、次回、誘うべきタイミングが明らかとなります。

  • 【9】「来月は予定を空けておきます。」

    スケジュールを優先してくれることをアピールされるパターンです。次回、誘うタイミングを逃さないことが大切でしょう。

「まだチャンスがあるかも!」と思える断り文句は、ほかにはどのような表現があるのでしょうか。みなさんのご意見をお待ちしております。
Photo:All images by iStock